未分類

ワイルドカードシステム 株式会社ワイルドアイズ  レヴュー

お疲れ様です

さて『ワイルドカードシステム 株式会社ワイルドアイズ』という商材について取り上げたいと思います。

バイナリーオプションです

取り組んでいる人 多いですね

「ワイルドカードシステム」は現時点で17通貨ペアに対応。

各通貨ペアに合わせて開発した3種類のロジックを搭載していつようです。

つまり、17通貨ペア×3種類、
51種類のロジックを搭載
しているという事です。

搭載されているロジック数が多いほど勝率も高まるので、
51種類のロジックを搭載した「ワイルドカードシステム」は勝てるチャンスがありますがどうでしょうか

 

☆このブログでは、安心して取り組んで頂ける副業情報を検証・紹介していきます。
ネットビジネスといってもさまざまな副業案件が存在します。

しかし、その中にはよい商材もあれば「詐欺」と呼ばれるものも多くあると思います。
何を選んだらいいのか?困惑している人も多いはず。

そんな悪質な詐欺案件に引っかからないよう、
このブログを通じて皆様のお力になれたらいいなと思ってます。

 

参考にできるコメントを何点か抜粋してみました。

今回はバイナリーオプション用のツール「WildCardSystem(ワイルドカードシステム)」についてレビューしました。

セールスレター内には誇大というか嘘の表現があり、更には肝心のツールでも優位性は無いという残念な商材でした。

インジケーターの勝率表示機能、特定の勝率になるまではアラートが鳴らない、複数のロジックを積んでいるなど、確かに機能面は優れてはいますが、肝心なシグナルの優位性が無いのであれば買う価値は無いかなと思います。

引用:https://fx-winwin.com/wildcardsystem/

 

バイナリーオプションで勝率
93%超えというのは普通に考えて
まずあり得ない数字です。

単発の取引のみでこの数字が出るとは
考えにくいので、マーチンを使った
上での勝率だと思います。

取引画像の購入額は一定なのですが
運よくマーチンを使わなかった所だけ
掲載しているのではないでしょうか。

引用:https://creative-money.com/wildcardsystem/

 

ワイルドカードシステムの一つの売りは「平均勝率93.7%」です。

この数字をみると「おぉ!すげぇ!!次の足が陽線か陰線かを90%で当てるのか!」と思うかもしれませんが、最大で2回マーチンをした時の勝率です。

引用:https://fx-winwin.com/wildcardsystem/

 

今回のツールはマーチンゲール法となります。ギャンブル制が高い手法になるため、ある程度の資金がなければ勝つ事は難しいと思います。

はたして、本当に1,000円で初めて、月収100万円になるのかというと現状の説明では難しいように感じてしまします。

引用:https://side-business-station.com/wild-card-system-scam/#i-3

 

いい口コミが見つかりません(汗)ロジックとしてはマーチンゲール戦略をとっているようですね。マーチンゲール戦略は初心者の方は決して手をだしてはいけない危険な戦略です。ご自身で検索してみる事をおすすめしますが、無尽蔵の運用資金があれば別ですが、一般の方が行えば必ず最後に破綻します。

また、そもそもシグナルに優位性がないようです。優位性がないロジックで勝率93%以上を出す方法はナンピン、マーチン戦略しかないでしょう。こういった商材に手を出してはいけません!

それでも信じるか信じないかはあなた次第ですの参考までに

引用

ワイルドカードシステム 株式会社ワイルドアイズを考察する – がっちり稼ぐぞ!お金の情報発信局 (pirka-6.com)

さいごに

バイナリーオプションはビギナーでも時として簡単に収益が上がることもあります

言ってしまえば、勘でも当たります

上がるか 下がるか

これだけですので ギャンブル性が高いです

昔の博打に似てるところが・・・

半か丁かです

多くの商材や高額ツールが販売されています

参考になればよいのですが

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。