投資

CFDの教科書 安田浩之介 のレビュー

安田浩之介

こんにちは。

世界の出来事全てが取引対象になり
世界中の資産を買い叩けるという
商材が販売されました。

コロナ関係の出来事や大統領選でも
収益を目指していけるようです。

ほぼ24時間の取引が可能で
取引手数料も無料なので
手軽に始められそうですが
実際に稼げるのでしょうか。

今回はCFDの教科書を
レビューしていきます。

CFDとは


CFDとは様々な金融商品を指数化
したものに投資することです。

株式関係だけでなくゴールドや
天然ガスなども含まれています。

CFDの教科書のコンテンツ&サポート

【コンテンツ一覧】

【完全保存版】CFDの教科書(PDF270ページ)

Chapter 1
CFDの基本を覚えよう!!

1. CFDの始め方と口座開設
2. CFDの仕組みとレバレッジ
3. CFD取引ツールを覚えよう

Chapter 2
いざ実践!!チャートの分析とトレードの基本

1. チャート分析の基本はローソク足
2. トレンドを見極める
3. とにかく練習
4. トレンドを見極める その2
5. 抵抗帯
6. ブレイクアウト
7. チャートパターン
8. リスク管理と資金管理
9. メンタル
10. 自己管理
11. 心理学
12. CFD流!!3つのゴールデンパターン

Chapter 3
2021年の展望とおススメ銘柄

1. 米国株はどこまで行く!?
2. 日本で報道されていない新型コロナ関連銘柄
3. 長期トレンド発生か?
4. ハイリスクだが狙いに行きたい銘柄
5. CFDで見る日本株暴落の日
6. 情報収集

【サポート一覧】
一年間回数無制限のメールサポート

CFDの教科書のセールスコピー

FXの場合、為替を指数化したものを
取引します。例えばドル円を取引
している場合は、ドル紙幣の現物を
売買しているわけではありませよね。
あれは、あくまでもドルと円の為替を
数値化したものを取引しているだけ
です。そのため、FXは単なるマネー
ゲームだとも言われています。
バーチャルで数字が動いて
いるだけですからね。

CFDもこれとまったく同じで、
世界中の金融商品を数値化した
ものを取引します。例えば、日経
平均株価を数値化した「日経225」
であったりNYダウを数値化した
「米国30」すべて現物と連動した
動きをしますので先読み指標
としても使われています。

これだけではなく、米国企業の
個別銘柄にも投資できます。例えば
AmazonやFacebook、アメリカン・
エキスプレスなど…超有名企業の
株価を取引することも出来るのです。
他にも金(ゴールド)や銀、原油
なども取引できます。まさに世界中の
金融商品すべてを網羅したものが
CFDの世界です。

出典:販売ページ

特定商取引法について

販売者名 安田 浩之介
所在地 〒822-0002福岡県直方市頓野526-1
電話番号 090-3198-3046
お問合せ direct.style2021@gmail.com
販売ページURL http://www.cfd.2-d.jp/cfd001

CFDの教科書のメリット


メリットは様々な投資対象が
あるので常にどこかの銘柄で
トレンドが発生している所です。

取引手数料が無料なのはFXと同じ
ですが、FXはトレンドが発生して
いない期間が長いので、CFDの方が
チャンスは多いように思えます。

CFDの教科書のデメリット

利益が出ている証拠がない


販売ページでは金スポットの相場が
上昇している画像がありますが
利益が出ている証拠がありません。

少なくとも1年以上継続して
利益を出せている証拠となる
取引履歴を掲載してもらいたいです。

ギャンブルの要素が大きい

CFDはFXとそれほど変わらず
レバレッジをかけて取引が
できるという共通点があります。

株式や債券に比べるとギャンブルの
要素が大きいので安定して資産を
増やしていくには不向きです。

商材の懸念点


今回の教材も初心者から参加
できるように作ってあります。

と書いてありますが、初心者であれば
まずは株式やFXから始めるべきです。

FXと比べると複雑ですが、複雑で
あれば稼ぎやすい訳ではないので
最初は他の投資を選んだ方が無難です。

まとめ

世界の出来事全てが取引対象に
なるという今回の商材ですが
常にトレンドが発生しているので
何を買えばいいのかが曖昧で
初心者には難しいと思いました。

仮想通貨やバイナリーオプションなど
比較的参加者が少ないものに挑戦したく
なりますが、まずは株式やFXから
始めた方がいいでしょう。

14800円なので決して高くは
ありませんが、販売者が稼げて
いるのかも分からない商材を
購入する必要性を感じません。

この商材は稼げないと判断いたしました。